子どもに合わせた勉強方法

アルファベット

近年、公立小学校でも英語が必須科目となり、2020年の東京オリンピックを見据えて、英語の開始学年も引き下げられようとしています。また、大学入試においても英語は必須科目であり、早いうちから英語に取り組みたいと考える家庭が増え、現在は小学生から英語を習っている家庭も多くなっています。小学生から英語に取り組むのは良いことで、取り組む年齢が早ければ早いほど、子供は英語に慣れ親しむことができます。英会話に特化している習い事も良いですが、中学、高校の勉強を見据えて、小学生のうちから英文法を習わせるのも良いです。塾などに通うと、自分の子供のレベルに応じた英語教材を使ってくれるので、効果的に英語を学習することができます。もし、塾などに通わせるのが難しかった場合、市販の英語教材を使うのも一つの方法です。本屋などに行くと、色々な種類の英語教材が売っています。書き込み式のものや参考書タイプのものなど種類は様々ですが、初めて英語に取り組む場合は小学生向けの簡単なものを選ぶのがおすすめです。また、アルファベットを書く練習ができるペンマンシップの問題集や単語帳などの英語教材も同時に購入しておくと勉強の役に立ちます。子供が英語に興味を持ったら、その能力をどんどん伸ばしてあげることが大切です。例えば、英語の内容のテレビを見せたり、映画を字幕で見せることなども英語の勉強につながります。英語はたくさん触れるほど上達するので、英語に触れあう機会を多く持つようにしていきましょう。

キッズ

こどもの可能性を広げよう

自由が丘周辺には、数多くの幼児教室があります。英語に力を入れているところや、楽しく遊ぶ事を目的としたところ、体を動かしたり音楽に触れたりする教室など、その種類は様々です。こどもの可能性は無限大で、その子に合った幼児教室を見つけて可能性を伸ばしてあげる事が大切です。

子供たちと先生

子どもに語学力をつける

幼稚園の頃から英語に触れることは重要です。最近は幼稚園でも英語を取り入れているところが多いので、幼稚園選びの際には、英語にどのくらい力を入れているかという観点も大切に選んでいきましょう。お家でも色々とサポートをしてあげることが大切です。